はむやむんつれづれブログ

日々の混沌

アカデミー論

2009-02-25 Wed 18:58:40

今週もレディースデー、利用してきました。
今日の映画は、アカデミー賞で話題沸騰中の映画「おくりびと」です。
平日のお昼間の映画館は、右も左も老人・老人・and 老人・・・多分平均年齢60〜70くらい?の中にひっそり混ざって見ておりましたが、なかなかによい映画でした。

先日見た「ベンジャミン・バトン」に引き続きこの映画も人間の死のシーンが多く描かれており、周囲のおじいちゃんおばあちゃん、色々思うことがあっただろうと思いますが、私はこの映画からはどちらかというと「死」というテーマより、「家族」とか「仕事」について色々考えさせられたように思います。

決して派手さはない映画ですが、じんわりと心にしみるステキな映画です。

その他映画をみて気になったこと
・ 山崎努を見るともうどうしてもDOCOMOのCMを思い出してしまう
・ モックンのおむつ姿 = シコふんじゃった 
・ 先日やりすぎコージーで紹介されていたIKKOさんのブログプライベートフォトが
  内田裕也ににていたこと




同じく短編アニメーションで賞を獲得した「つみきのいえ」もとても見たいです。
だれかDVD買わないですか?


    
          



数奇な人生

2009-02-12 Thu 14:10:25

先週に引き続き、またも水曜日のレディースDAYを利用して今日は
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を見に行ってきました。

レディースDAY on the 休日とゆうことで映画館はだいぶ混雑です。

予約をしていったんですがそれでも取れた席は前から2列目。
レッドクリフの予告を見ているときは目が回りそうでかなり不安だったのですが
映画は最後まで集中して見ることができました。
アクション物じゃなくてよかった。首は痛くなったけど

個人的に物足りなさを若干感じましたが
「人生とは」を考えさせてくれる良い映画でした。

あと、ブラピがジーンズと革ジャンでバイクにまたがるシーンはまさにEDWINのCMのようだった。
ジーンズ+白の無地Tシャツだけで素敵に見える男子を誰か知りませんか。
私の周りの男子はこの格好をすると間違いなくおっちゃんスタイルになるよ。
なんでだろ〜なんでだろ〜

  ← このブラピは微妙

ほんで帰りに久しぶりにタワーレコードとやらに行ってきたよ。
なぜかって?

最近の音楽動向のチェックをするためさ!

-----------------
話題になってからちょいたつけどノーマンクック船長のPV

目の保養にどうぞ。
THE BPA - "TOE JAM" AND DAVID BYRNE & DIZZEE RASCAL


あと、イギーさんの
The BPA - "He's Frank" (Slight Return) Feat. Iggy Pop

おこられんでー(笑)

--------------

家に帰って「ヒメノア〜ル」の最新巻が出てたので買って読む。
毎度のことながらやっぱりいやーなき持ちになりました

でも、ダイジョブ、ダイジョブ〜







チェチェチェチェ

2009-01-29 Thu 11:08:50

昨日は映画、レヂィースDAYだったので『CHEチェ 28歳の革命』をみにいってきました。

あまりに、歴史的なことを知らなさすぎで映画はむづかしかったです。
登場人物、みんなヒゲで軍服やし誰が誰だかよくわからんくなった・・



でも、チェ役のベニチオ・デルトロさんは男前でした。
たまにヒゲと鼻毛が、どう考えてもつながっている時もあって
すごいなあとおもいました。

話しかわるけど
ブラッド・ピットが出演するソフトバンクのCMの演出は
「ダージリン急行」のウェス・アンダーソン監督らしい。


ゆわれてみればなるほどなあっておもわんでもない。


しかし、映画ってホントにいいもんですな。
レディースDAY1000円って、ホンマにお得。。
こういう政治的な映画って女性は苦手としそうなものやけど
遅い時間からの上映にも関わらずこの日も女性で映画館は一杯でした。
普段からもっと安かったらもっといいけど。

次は何をみにいこうか。






モーガン・フリーマン

2008-05-26 Mon 01:21:02

『トム・ハンクス 出てる映画に まちがいなし』

これは映画評論家のほりしゃんさんの名言のひとつでもありますが

『モーガン・フリーマン 出てる映画に まちがいなし』

でもあるらしいので、
先週末に、映画評論家のほりしゃんさんと「最高の人生の見つけ方」という映画を見に行ってきました。

この映画には、モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンが出ています。


↑ この画像、公式サイトより壁紙ダウンロードできるよ!

ご自身のブログにも書かれていますが、
今回の映画で、またもほりしゃんさんの鋭い映画分析が

1、モーガン・フリーマンは、映画でメガネをかけて本を読むシーンをが多い。
2、モーガン・フリーマンは、映画でチークを踊るシーンが多い。
3、モーガン・フリーマンは、映画でシャンブレーシャツを着ている事が多い。
4、ジャック・ニコルソンこんな太ってたかな?

------------

近日公開予定の「ゲゲゲの鬼太郎」のキャンペーンイベントとして、鬼太郎の格好をして写真が撮れるという催しものが劇場で行われていました。




鬼太郎のカツラをかぶっているはずなんけど・・なんか・・・

映画を何本かみました

2008-04-15 Tue 00:40:10

今週映画を何本かみました。

そのうちの一本は、関西テレビでやっていた「アンフェア」で、篠原涼子、江口洋介、椎名桔平とか、の出てるやつで何の情報も無くうっかり見てしまった。相手の策略の、裏を読み、裏を読み、裏を読み、裏を読んでるはずなのに、そのオチが見えてしまったのはなんでだろう。きっとわたしが大人になってしまったからだろう。あと、マスクをかぶった犯人が、「イッツアパーティタイム!(ショータイム?だったっけ?)」といって発砲するパターンはもう映画上から抹殺しなくてはいけない。それから篠原涼子ってホントにごっつにでてたっけ?今はその面影すらないな。

そのあと、サンテレビで深夜にやっていた映画「ラット・ゲーム」をみる。



これは前情報どころか、題名すらわからないでみていた。父親がある日ねずみになってしまう。というシュールきわまりない映画だったけど、面白くてツボにはまりました。
競演者みんなでカラオケ熱唱するエンディングのとかよかったなあ。
日本未公開映画で、ビデオもDVDもでてないらしいです。ねむくてたまらなかったけど、みてよかったー。
監督のスティーブ・バロンって、ダブリン出身で『コーンヘッズ』とか『TMNT(ティーエムネットワークではなく、ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ)』なんかの、
わりと有名な作品も撮ってる人なんだそうだけども、こんな良い作品がソフト化されてないのは……。

後一本は、「マイ・ブルーベリー・ナイツ」



ウォンカーウァイの新作で、ノラ・ジョーンズ、ジュードロウ、ナタリー・ポートマンとかがでてる。
甘いものがたべとうなりました。
あなた、ノラ派?あなた、ナタリー派?